段ボール情報館

よくあるご質問

1.段ボールは誰が発明したのですか
この世に段ボールが生まれたのは、1856年の英国です。シルクハットの内側に通気とクッションを兼ね備えた 素材としてE.C.ヒアリーとE.E.アレンが特許を取得しています。 包装材としての段ボールは、主に米国で発展し、1800年代の終り頃には現在の段ボール箱の原型がほぼできあがりました。
2.段ボールは最初から輸送に使われたのですか
最初は帽子の内側に巻いて、通気とクッションを兼ね備えた素材として使われました。 その後、米国で初めて包装材として段ボールが使われだし、1871年、A.L.ジョーンズが紙に段をつけただけの “繰りっ放し”の特許を取得、わらやおがくずに替わる緩衝材として、ガラス製品の輸送に使用されました。 1874年には、O.ロングが、段が伸びてしまうのを防ぐために、段の片側にライナを貼り合わせた“片面段ボ ール”を開発して特許を取得、びん、壺などの包装に使われ始めます。 そして、1882年、R.H.トンプソンが、両面段ボールを考案し特許を取得し、1894年には段ボールシートに溝切 りと断裁を施した段ボール箱が初めて製造されました。
3.昔の段ボールに使われた紙は今と同じですか
昔も今もボール紙と呼ばれる厚紙を使用しているのは同じですが、昔はワラを原料にした今よりも品質も強度 も劣る紙が使用されていました。色もワラの色と同じ黄色がかった色でした。 その後、クラフトパルプという段ボールに適したパルプを針葉樹から作る新たな製法が発明され、今のように強い紙が作られるようになりました。
4.1年間にどのくらいの段ボールが作られていますか
日本で1年間に生産されている段ボールの面積は約130億㎡。琵琶湖の約20倍で、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の合計の面積とほぼ同じになります。1mの幅で地球に巻くと、なんと326周分、月と地球を17回以上も往復できる長さです。なお世界では、年間2000億㎡をゆうに超える段ボールが生産されています。
5.世界で一番段ボールをつくっている国はどこですか
段ボールの生産量は、GDP(国内総生産)や経済の発展に連動するといわれています。国別に見てみると、世界第1位は中国。これまで長い間第1位だったアメリカは、中国経済の急成長で2位となり、日本はそれにつぐ第3位になっています。
6.日本で一番段ボールを使っている県はどこですか
段ボールの統計には都道府県ごとのデータはなく、全国を8つの地域(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州)に分けた統計しかありません。それによると、関東(群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)が全体の43%を占めており、断トツのトップを占めています。次に多いのが近畿で、以下、中部、九州、東北、中国、四国、北海道の順となります。
7.世界で一番段ボールが使われているのはどこですか
段ボールの生産量は、GDP(国内総生産)や経済の発展に連動するといわれています。国別に見てみると、世界第1位は中国。これまで長い間第1位だったアメリカは、中国経済の急成長で2位となり、日本はそれにつぐ第3位になっています。段ボールはほとんど全てが、作られた場所の近くで物を詰められ輸送されます。
8.日本と外国の段ボールで違いはありますか
段ボールの構造に違いはありません。しかし、国や地域によって、詰められる物や、人々の好みも異なるので、段ボール箱の形やデザインは、それぞれのお国柄で異なるものとなっています。
9.段ボールはゴミになるので環境に悪いのではありませんか。
段ボールはゴミにはなりません。100%リサイクル可能な段ボールは、実際に約95%以上が回収されています。使用済み段ボールはゴミではなく、貴重な資源なのです。何度もリサイクルされ、生まれ変わる段ボールは、とても環境に優しい包装材です。役目を終えた使用済み段ボールは、回収され再び新しい段ボールに生まれ変わります。
10.段ボールはリサイクルされていますか
100%リサイクル可能な段ボールは、実際に約95%以上が回収されています。使用済み段ボールはゴミではなく、貴重な資源なのです。何度もリサイクルされ、生まれ変わる段ボールは、とても環境に優しい包装材です。役目を終えた使用済み段ボールは、自治体による行政回収や自治会などの集団回収を通じて回収され再び新しい段ボールに生まれ変わります。
11.段ボールはなぜ環境に優しいのですか
段ボールは、使用後はそのほとんどが回収され、ふたたび段ボールにリサイクルされます。だから、段ボールは循環型で再生可能な地球環境にも優しい包装材なのです。しかも、段ボールは天然素材100%、自然に還る包装材です。段ボールの主原材料は、段ボール原紙と糊です。段ボール原紙、すなわち紙の原料はパルプです。もちろんパルプは木の繊維を取り出したもの。また、糊の原料はコーンスターチ、すなわちトウモロコシです。いずれも正真正銘の天然素材、土に還る素材です。とても丈夫な段ボールですが、生まれも育ちも自然のままの強さなのです。
12.段ボールはどのくらいリサイクルされるのですか
段ボールのリサイクル率は95%以上に達しています。その高いリサイクル率を支えているのが、各家庭や企業でご協力いただいている分別と、古紙回収・製紙・段ボールの3つの業界が一体となって資源循環を支える、「三位一体」の古紙リサイクルシステムです。段ボールは原材料の多くを国内だけで手当できるめずらしい存在です。それも、世界に誇る日本の段ボールリサイクルシステムが支えであり、もとはといえば皆さんが使い終わった段ボールを、しっかりと分別して古紙回収に出していただいているおかげなのです。
13.段ボールのリサイクル率は何パーセントですか
段ボールのリサイクル率は95%以上に達しています。その高いリサイクル率を支えているのが、各家庭や企業でご協力いただいている分別と、古紙回収・製紙・段ボールの3つの業界が一体となって資源循環を支える、「三位一体」の古紙リサイクルシステムです。段ボールは原材料の多くを国内だけで手当できるめずらしい存在です。それも、世界に誇る日本の段ボールリサイクルシステムが支えであり、もとはとい えば皆さんが使い終わった段ボールを、しっかりと分別して古紙回収に出していただいているおかげなのです。
14.プラスチック通箱よりも段ボールの方が環境に優しいというのは本当ですか。
段ボールは、使用後は古紙としてそのほとんどすべてが回収され、段ボールをつくるための原料として再び段ボールに生まれ変わります。日本では段ボールのリサイクルシステムが完備され、何度も何度も新しい段ボールに生まれ変わるため、段ボールはリサイクルの優等生といわれています。しかも、原料となるパルプやコーンスターチは、すべて天然素材で再生可能なものばかりです。
15.段ボールはどこで回収されているのですか。
役目を終えた使用済み段ボールは、回収され再び新しい段ボールに生まれ変わります。家庭の使用済み段ボールは、自治体による行政回収や自治会などの集団回収で、工場やスーパーなど企業の使用済み段ボールは、古紙回収事業者が直接回収をしています。段ボールのリサイクルシステムは、家庭や企業での正しい分別と高い回収率に支えられています。
16.段ボールは誰が回収しているのですか。
家庭や企業で分別された使用済み段ボールは古紙回収業者が回収しています。回収された段ボール古紙は、ヤードと呼ばれる古紙回収基地に運ばれ、1トン以上にもなるブロック状に圧縮され、製紙工場へと運ばれます。
17.回収された段ボールはどこへは運ばれますか。
回収された段ボール古紙は、ヤードと呼ばれる古紙回収基地に運ばれ、1トン以上にもなるブロック状に圧縮され、製紙工場へと運ばれます。そして再び、新しい段ボールの原材料となる段ボール原紙に生まれ変わります。
18.日本の木も段ボールに使われていますか。
段ボールの原料は、そのほとんどが使用済みの段ボール、すなわち段ボール古紙です。その割合は90%以上にもなりますが、残りの部分はパルプが使用されています。パルプは、製紙用に植林された木材や、間伐材、住宅廃材などが用いられています。それらは輸入されるものが多いですが、日本の木も有効に活用されています。
19.間伐材を段ボールに使用できませんか。
最近は人手不足などから手入れが行き届かず、森林荒廃が社会問題となっています。その解決策としての間伐材の有効利用が課題となっています。段ボールになる紙にはその用途からある程度の強度が求められるため、間伐材を段ボールに使用するためには解決すべき課題があります。
20.回収された段ボールはトイレットペーパーになるのですか。
紙のリサイクル、イコール「トイレットペーパー」と誤解されている方が多く見受けられます。回収された段ボールは、ふたたび新しい段ボールへと生まれ変わります。紙の繊維は、その用途によってさまざまな特徴があり、段ボールはその用途から「強いこと」が求められます。そのためソフトな風合いが求められるトイレットペーパーの原料としては、段ボール古紙は不向きなのです。
21.段ボールにはパルプを使いますか。
段ボールの原料は、そのほとんどが使用済みの段ボール、すなわち段ボール古紙です。その割合は90%以上にもなり、残りの部分はパルプが使用されています。パルプは、製紙用に植林された生育の早い木材や、間伐材、住宅廃材などが用いられています。
22.段ボールをつくる紙は全部同じですか。
段ボールは「段ボール原紙」という厚紙(板紙)から作られます。紙には、その用途によってさまざまな種類がありますが、大きく分けると、チラシや書籍、新聞などの印刷に用いられる紙と、段ボールなどの包装や贈答箱などに用いられる板紙とに分けられます。段ボール原紙はその板紙の代表格ですが、その用途から「強いこと」が求められます。は数えきれないくらいあるのです。風合いや繊細な印刷適性が求められる紙と、段ボールとは、紙は紙でも使用される紙は全く異なります。
23.段ボールの種類はどのくらいあるのですか。
一見どれも同じに見える段ボールですが、実は段の高さもいろいろです。この段ボールの波形部分を構成する段のことをフルートといいます。段ボールはフルートの高さによって区別され、必要とされる強度や用途によって使い分けられます。さらに、詰められる中身によって段ボールはすべてオーダーメイドでつくられるため、その箱の種類は数えきれないくらいあるのです。
24.フルートって何のことですか。
段ボールの波形部分を構成する段のことをフルートといいます。段ボールはフルートの高さによって区別され、必要とされる強度や用途によって使い分けられます。
25.段ボールはどこで作られていますか。
段ボールは段ボール工場で作られます。段ボールは、まず3枚の段ボール原紙を貼り合せるところから始まります。貼合せは「コルゲータ」という機械でおこない、段ボール箱を作る材料となる段ボールシートをつくります。できあがった段ボールシートに、印刷や切込みを入れ、段ボール箱に加工します。
26.段ボールは全部オーダーメイドなのですか。
段ボールはほとんどすべてオーダーメイドです。詰められる中身によって段ボールはすべてオーダーメイドでつくられるため、段ボール箱の種類は数えきれません。
27.段ボールはどこで買えますか。
無地の段ボール箱はホームセンターなどでも買うことができます。しかし、一般的には中身となる商品をつくる際に、段ボール箱も一緒に設計され製造されます。皆さんが買われるさまざまな商品は、段ボール箱に入っているものが多いですから、中身と一緒に段ボール箱も買っていることになります。
28.段ボールの会社は何社ありますか。
段ボールは、まず3枚の段ボール原紙を貼り合せるところから始まりますが、この貼り合せる機械を持っている会社は、日本全国で約200社以上あります。貼り合わされた段ボールシートを段ボール箱に加工する会社は、全国で2000社以上といわれています。
29.段ボール工場は日本に何カ所ありますか。
段ボールは、まず3枚の段ボール原紙を貼り合せるところから始まりますが、この貼り合せる機械を持っている会社は、日本全国で約200社以上あります。貼り合わされた段ボールシートを段ボール箱に加工する会社は、全国で2000社以上といわれています。正確な統計はありませんが、複数の工場を持つ会社も多くありますので、段ボール工場は全国に2000数百カ所にものぼります。
30.段ボールはどうやって作るのですか。
段ボールは、まず3枚の段ボール原紙を貼り合せるところから始まります。貼り合せは「コルゲータ」という機械でおこない、段ボール箱を作る材料となる段ボールシートをつくります。できあがった段ボールシートに、印刷や切込みを入れ、段ボール箱に加工します。段ボールの原材料となる段ボール原紙は、主に回収された使用済み段ボール古紙をリサイクルしてつくられています。
31.段ボールに使われる紙と新聞や本の紙は同じですか。
段ボールは「段ボール原紙」という厚紙(板紙)から作られます。紙には、その用途によってさまざまな種類があります。大きく分けると、チラシや書籍、新聞などの印刷に用いられる「紙」と、段ボールなどの包装や贈答箱などに用いられる「板紙」とに分けられます。段ボール原紙はその板紙の代表格ですが、その用途から「強いこと」が求められます。風合いや繊細な印刷適性が求められる紙と、段ボールとは、紙は紙でも使用される紙は全く異なります。
32.段ボールに使われる糊はトウモロコシって本当ですか。
段ボールに使われる糊の原料はコーンスターチ、すなわちトウモロコシです。段ボールの主原材料は、段ボール原紙と糊です。いずれも天然素材100%、自然に還る包装材です。
33.段ボールはどんなところに使われていますか。
段ボールがないと困ってしまう業種や商品はたくさんありますが、その中でも断トツの使用量を誇るのが加工食品です。ライフスタイルの変化により、その需要はますます大きくなっています。また、インターネットの普及などにより、通信販売や宅配での使用も伸びている分野です。
34.段ボールの厚みは全部同じですか。
一見どれも同じに見える段ボールですが、実は段の高さ(厚み)もいろいろです。この段ボールの波形部分を構成する段のことをフルートといいます。段ボールはフルートの高さによって区別され、必要とされる強度や用途によって使い分けられます。
35.段ボールはなぜ強いのですか。
段ボールは中しんの波型部分に空間があることから、一見頼りなさそうに見えますが、横から見ると三角形が連なっていることが分かります。この三角形の連なりこそが「トラス構造」という段ボールの強さの秘密です。「トラス構造(Truss)」とは、建築などで用いられる三角形をひとつの単位として組み合わせた構造のことで、スカイツリーや東京タワー、鉄道の鉄橋、天井の梁などにもトラス構造が使われています。
36.段ボールはどのくらいの重さに耐えられますか。
紙でできた段ボールですが、実は意外なほどの強さを持っています。段ボールは中しんの波型部分に空間があることから、一見頼りなさそうに見えますが、横から見ると三角形が連なっていることが分かります。この三角形の連なりこそが「トラス構造」という段ボールの強さの秘密です。「トラス構造(Truss)」とは、建築などで用いられる三角形をひとつの単位として組合わせた構造のことで、スカイツリーや東京タワー、鉄道の鉄橋、天井の梁などにもトラス構造が使われています。普通の段ボールでも、上に板を置いて人が載ってもビクともしません。(危険ですので転倒に注意してください)
37.水に強い段ボールはありますか。
水産物向けなどに、耐水加工を施した段ボールが広く使われています。輸送時や保管時に優れた耐水性を発揮するとともに、リサイクルも可能な環境に優しい段ボールです。
38.中身がさびない段ボールはありますか。
段ボールは、その用途に応じてさまざまな機能を持った段ボールが開発されています。さびない段ボールはもちろん、防水、保冷、鮮度保持、防虫、静電気防止など、中身を安全にしっかりと保護して届けるという、段ボールの特徴をさらに磨きあげ、さまざまな機能が開発されています。
39.野菜や魚の鮮度を守る段ボールはありますか。
段ボールは、その用途に応じてさまざまな機能を持った段ボールが開発されています。野菜や魚の鮮度を守る段ボールはもちろん、防水、保冷、防錆、防虫、静電気防止など、中身を安全にしっかりと保護して届けるという、段ボールの特徴をさらに磨きあげ、さまざまな機能が開発されています。
40.虫がつかない段ボールはありますか。
段ボールは、その用途に応じてさまざまな機能を持った段ボールが開発されています。虫がつかない段ボールはもちろん、防水、保冷、鮮度保持、防錆、防虫、静電気防止など、中身を安全にしっかりと保護して届けるという、段ボールの特徴をさらに磨きあげ、さまざまな機能が開発されています。
41.燃えない段ボールはありますか。
段ボールは紙でできていますので、残念ながら燃えない段ボールはありません。最近、一部のメーカーで「燃えにくい」段ボールが開発されました。
42.箱以外の段ボールはありますか。
段ボールは、段ボール箱以外にもさまざまな用途で活用されています。一例として、パレットや緩衝材、空調ダクト、災害時の避難所での床敷きや間仕切りなどがあげられます。
43.発泡スチロールが段ボール緩衝材に置き換わっているのは本当ですか。
発泡スチロールは軽くて成形しやすく緩衝材として広く利用されてきました。しかし、環境意識の高まりとともに、再生可能でリサイクル率も高い段ボールの環境性能が注目され、発泡スチロールに代わる緩衝材として置き換わってきました。
44.段ボールの家具やおもちゃを見たことがあるのですが。
段ボールの持つ温かみや手ざわりの優しさが見直され、最近は家具やおもちゃとしても注目されています。もちろん使用後はリサイクル可能です。
45.段ボールの印刷はどのくらいまでできるのですか。
段ボールの印刷はフレキソと呼ばれる水性インクで印刷されます。最近では、かなり繊細なデザインのものまで印刷ができるようになりました。段ボール箱は印刷面が大きいため、その情報発信機能が注目されています。
46.段ボールで手を切ったことがあるのですが何とかなりませんか。
段ボールメーカーでは、段ボールを設計するときに、切り口をギザギサにするなどしてけがの防止に努めています。しかし、扱い方によってはどうしてもけがをする危険がありますので、段ボールを開封したりするときは、必ず手袋を用いるなど、取り扱いにはくれぐれもご注意ください。
47.段ボールの設計で気をつけることは何ですか。
段ボール箱は、中身となる商品の種類、大きさ、数量などにより、一つとして同じ段ボールケースはありません。中身に応じてすべてオーダーメイドで生産されます。ケース寸法や保護性能、輸送効率やコスト、印刷デザインや販売促進機能など、多面的に検討を重ねながら設計されます。中身を衝撃から守り、安全に運ぶことはもちろんのこと、開封のしやすさや、店頭での陳列作業、使用後の廃棄まで、さまざまなシーンを念頭におきながら設計に知恵を絞ります。中身を優しく守るのはもちろんですが、あまり強すぎると自らが潰れて中身を守るという段ボールの役目を果たせません。また、強度のあり過ぎる紙を使うと値段も高くなってしまいます。この微妙なバランスが段ボール箱の設計マンの腕の見せどころなのです。
48.自分の描いた絵を段ボールに印刷したいのですが。
段ボールは同じ形やデザインのものが、大量につくれるという特徴があります。そのため大切な絵を印刷した段ボール箱を1つだけつくると、とても高価な段ボール箱になってしまいます。
49.包装試験とはどんなことをするのですか。
輸送包装を担う段ボール箱に失敗は許されません。段ボール箱の設計には、破裂、振動、落下など、さまざまな過酷な試験が課されます。
50.段ボールが軽くなっていると聞いたのですが本当ですか。
段ボールの軽量化に業界をあげて取り組んでいます。
51.リテールレディ段ボールってなんですか。
リテールとは小売りという意味です。レディは準備を意味します。リテールレディ段ボールとは、スーパーの店頭など小売りの現場を念頭において、商品の見分けやすさ、買いやすさ、廃棄しやすさなどを考えながらつくられた段ボール箱をさします。流通過程の効率化と店頭作業をを軽減させるパッケージとして注目されています。
52.段ボールは湿気に弱いと聞きましたが本当ですか。
湿気は段ボールの大敵です。段ボールの主原材料は、段ボール原紙と糊です。段ボール原紙、すなわち紙の原料はパルプです。もちろんパルプは木の繊維を取り出したもの。また、糊の原料はコーンスターチ、すなわちトウモロコシです。いずれも正真正銘の天然素材100%、自然に還る包装材です。リサイクルの際も、加えるのは水だけです。紙の繊維と繊維はしっかりと水素結合していますが、水に入れてやるだけでバラバラとほぐれてしまうのです。とても丈夫な段ボールですが、生まれも育ちも自然のままの強さなのです。
53.通販で段ボールが届きますが過剰包装ではないですか。
段ボール包装はその中身に応じて、求められる強度やサイズ、形が異なり、その都度条件にあった最適な設計がなされます。通販の場合は、詰められる商品が多岐にわたり、梱包作業の作業性や効率といった面も重視されるため、中身に比べ意外なほど大きな段ボール箱で届いたりする場合があります。しかし、ご安心ください。段ボールはゴミにならず、リサイクルされふたたび新しい段ボールに生まれ変わります。リサイクルを前提に、商品のライフサイクル全体を見渡して、もっとも効率的な包装を考えた結果ですのでので、ご理解いただければと思います。
54.古紙回収に出すときたたみにくいのですが何とかなりませんか。
段ボールの古紙回収にご協力いただき有難うございます。メーカーでは、ユニバーサルデザインを考えた「たたみやすい段ボール箱」もいろいろと考案されています。しかし、まだまだ一部に限られています。これからも、段ボールのリサイクルシステムを守るため、業界全体でたたみやすい段ボール箱の開発・普及に取り組んでまいります。
55.段ボールの会社はすべて全段連に加盟しているのですか。
全段連は、全国に4つある各地域の段ボール工業組合を会員とする業界団体です。各地の段ボール工業組合には、コルゲータと呼ばれる段ボール製造機械を所有するメーカーが加入しています。すべての段ボールメーカーではありませんが、主要な段ボールメーカーはすべて会員となっています。なお、段ボール箱をつくるメーカーは、また別の業界団体を組織しています。
56.全段連では段ボールを売っていますか。
全段連では段ボールの販売は行っていません。段ボールに関する規格や、段ボールメーカー共通の問題、たとえば職場の安全や環境問題など、業界をあげて解決に向けて取り組むべき課題を解決するために活動しています。