段ボールの歴史

段ボールの軽量化とリサイクル

様々な商品が多種多様な容器包装で供給される利便さの反面、それらが家庭ごみの 排出量の増加に拍車をかけ、一般廃棄物の最終処分場が逼迫してきました。
その対策として、家庭から排出される容器包装を資源として有効に利用することを目的とした容器包装リサイクル法が 1997年4月に施行されました。今日、容器包装の削減(Reduce)、再使用(Reuse)、リサイクル(Recycle)、 いわゆる容器包装の3R(スリーアール)は、事業者が対処すべき緊急の課題となっています。
段ボールの3Rは、主としてリデュースとリサイクルの二つの分野で推進されています。
段ボール箱のように、多種多様な商品の物流条件に合わせてオーダーメイドされ、商品とともに国内のみならず海外へも 広く流通し、商品を取り出した国で段ボールの原料として再生利用される容器包装は、その特性に応じたリデュースと リサイクルの2Rを推進することが効果的です。
わが国の紙のリサイクルの歴史は古く、平安時代にまでさかのぼると言わ れています。当時、紙は非常に貴重なものであり、使用済みの紙を古紙として収集して再生利用する手法が生まれ、 今日までそれが受け継がれてきています。
段ボールは、紙製容器包装の中でも特に、そのリサイクルシステムが完備しているものの一つであり、段ボール原紙の 生産が始まって間もない昭和初期には、既に、原料としての古紙の流通システムが確立されつつあったと考えられます。

[1]段ボールのリデュース(減量化と軽量化)

段ボールは、保管・輸送時の積み上げ段数、輸送方法と距離などの要件に応じて個々に設計されるため、リデュースは 原単位(1㎡当たりの質量)で把握されています。2010年の原単位は629.4g/㎡であり、
1990年の664.1g/㎡から20年間で5.2%軽量化されています。 それを実数値で示せば、
生産量が123.4億㎡から130.6億㎡へと5.8増加しているにもかかわらず、段ボール原紙の消費量は
819.6万トンか822.2万トンへと0.3%の増加に留まっています。
段ボールの軽量化は事業者間の合理化努力により進められていますが、近年、個々の物品の容器包装の薄物化・軽量化が 進むとともに、それら商品を流通過程で保護する段ボールは、逆に重量化するという新たな課題に直面しています。

[2]段ボールのリサイクル

段ボールのリサイクルは、確立されたリサイクル機構により効率的に推進されています。
工場、量販店、小売店などから排出される段ボールは回収業者により直接回収が行われ、家庭から排出される段ボールは 行政回収や集団回収による回収が行われています。 そして、専門業者により選別・圧縮された段ボール古紙は、国内市場のみならず国際的にも段ボール原紙の主原料として 利用されており、段ボールの回収率は既に95%以上です。

段ボールの回収率=[A]段ボール古紙回収実質回収量/([B]段ボール原紙消費+[C]輸出入商品用)
[A]は、回収された段ボール古紙に含まれる段ボール以外の古紙及び段ボールに付着した糊の重量を除いて計算したもの

[3]板紙の古紙利用率

段ボール原紙の主原料は段ボール古紙ですが、その他に雑誌、茶模造紙、台紙・地券・ボール、新聞など、様々な古紙が使用されています。段ボールの表面に使用するライナは、その強度を維持するために表層に一部クラフトパルプなどを使用しています。
段ボール原紙を含めた板紙全体では、古紙の利用率は約93%に達しています。
使用済み段ボールは、世界各国で段ボール原紙の主原料として利用されている国際商品です。全段連は、製紙原料とし使用困難な異素材を混入させない段ボールの高品質リサイクルを推進するために、分別を容易にする段ボールのリサイクルマークの表示を積極的に推進しています。